マーケティング

【クイズ!顧客心理マーケティング物語ー第6話ー】

いつもありがとうございます!

顧客心理マーケティング物語の第6話です!

では、どうぞ!!

——————————————————

■第6話

ある日のこと、
男の弟が手伝いに来てくれました。

男が声をかけても少年たちが立ち止まらないのを見た男は、
「兄貴、それじゃあダメだよ」
と一言。

少し強引なところがある弟が、
さっそく少年たちに声をかけはじめます。

「早く顔の汚れを取らないと、シミになるかもしれないよ!」

「えっ!本当なの?」
と驚少年たちに、弟は続けていいます。

「ほら、濡れタオルあるけど、いる?」

弟がそう声をかけると、
少年たちが濡れタオルを買いに近づいてきたのです。

——————————————————

■問題

少年たちは、どんな感情を刺激され、
濡れタオルを買ったのでしょう?

■解説

この少年たちは、
男の弟に声をかけられるまで、
顔が汚れていることに対して、何の問題意識を
持っていませんでした。

弟が、
「シミになるかもしれないよ」と
顔にシミができる可能性を指摘したことによって、
少年たちが意識していなかった
「不安」
を刺激して、意識化させたのです。
これは、
「潜在的ニーズ」を「顕在化」させる方法の一つです。

不安を喚起し、
それに対する救いの手を差しのべることで、
潜在的なニーズを顕在化させているのです。

新たなニーズを作り出していると言い換えることもできます。

不安が弱ければ、受け手は動かされるようなことはありません。

不安が強すぎると、
受け手はそれを否定したり、回避したりします。

信頼を得るために数値データを見せたりして、
その不安に対して、
本当にあなたの商品やサービスで解消できるということを
示すことが重要です!

よく悩み系のセールスレターで見ますよね!

以上、第6話でした。

今回も、最後までご覧いただき、
本当にありがとうございます。

【無料レポート】マーケティングの教科書