マーケティング

信頼残高【クイズ!顧客心理マーケティング物語Vol.8】

いつもご覧いただき、
本当にありがとうございます。

今日も、顧客心理をストーリ調でお話していきます!

それでは、第8話をどうぞ!

——————————————————

■第8話

ある日、なかなか売れなくなり、
焦った男は、
強引に少年たちに商品を売りつけてしまいました。

少年「いらないよ。」

男「そんなこと言わないで買ってよ!」

少年「いや、いらないよ!」

男「必要になる時が来るから!!」
男「ほら、どうぞ!!」

少年「わかったよ!」

と強引に売り込み、買わせたのです。

翌日、
「昨日、少年たちに
ちょっと強引に濡れタオルを売ってしまったかな…」
と男が反省していると、
昨日の少年たちがやって来ました。

男は声をかけます。

男「濡れタオルはいかがですか?」
男「昨日も買われましたよね??」

少年たちは横目で睨むと、
男の声を無視して、
黙って店の前を足早に通り過ぎていきました。

——————————————————

■問題

なぜ、男は無視されてしまったのでしょうか?

すごく簡単な問題ですいませんです…m(_ _)m

■解説

今日は、さっさと解説にうつります!

男は強引に少年たちに濡れタオルを売りつけました。

その結果、
少年たちの心に男に対する不満の気持ちが生まれたのです。

「また何か買わされる!」と警戒して、
男の店に近づかなくなります。

一度だけであれば、
強引に売ったり、
誤認識をさせて売りつけたりすることはできます。

しかし、
このような売り方では、お客様の不満を生むだけで
リピート購入にはつながりません。

また、悪評も流れていきます。

新規のお客様に絶対的な価値を感じてもらって、
お客様に何度もリピートしてもらってこそ、
商売がなりたつのです。

お客様の満足を得るには、
長い時間と労力が必要になります。

少しづつ、時間をかけて信頼関係を築いていくしか
方法はないのです。

そんな時間をかけて築いた信頼関係も、
一度の心無い対応で崩壊します。

俗にいう、『信頼残高』というものになります。

第8話はいかがでしたでしょうか?

今回も、最後までご覧いただき、
本当に本当にありがとうございます。

【無料レポート】マーケティングの教科書