マーケティング

気持ち悪い。。。【クイズ! 顧客心理マーケティング物語 -第14話-】

今日も、ありがとうございます。

前回は、
「理由づけをして、買いたい欲求の背中を押してあげること」の
大事さをお送りしました。

今回は、どんな顧客心理が出てくるのでしょうか?

それでは、第14話です。

——————————————————

男が目を覚ますと、
体がだるくて仕方がありません。

今まで一生懸命やってきた疲れが出たようです。

男はお店をお休みにして、
寝ていることにしました。

夕方、
店頭に貼られた「本日休業」の
張り紙を前に少年たちが集まっています。

「なんで今日は休みなの」

「汚れた顔のまま教会へ帰るのは
気持ち悪いよ……」

どうやら、
毎日『濡れタオル」を買っていた一部の
少年たちが戸惑っているようです。

——————————————————

■問題:

なぜ、少年たちは、
どんな心理が働いて、
お店の前に集まっていたのでしょうか?

■解説:

人は、毎日同じことを繰り返していると、
それが「習慣」になります。

そして、
無意識に同じ行動を繰り返すように
なっていくのです。

その同じ行動を邪魔されると、
不愉快な気持ちになります。

いつものパターンで動けないと、
その後の行動に影響が出てしまうのです。

一度パターン化されてしまうと、
その決まったことができないだけで
気持ちが落ち着かないのです。

毎日お風呂に入っているのに、
今日はお風呂に入れないという状況を想像してみると、
わかりやすいと思います。

習慣化を促進するサービス例として、
●ポイントサービス

●次回以降使える割引券

●回数券
などがありますね。

「習慣」という力はものすごいものですよね!

無意識に動いてしまうのですから。

■ポイント

『人間には習慣という、無意識に動いてしまう心理がある」

以上、第14話でした!

今回も、最後までお読みいただき、
本当に、ありがとうございます!

【無料レポート】マーケティングの教科書