ライティング

無くなってまうー! 早くしなければ!【クイズ!顧客心理マーケティング物語 -第12話-】

いつも、ありがとうございます。

あっくんです。

今日も、
東京はめちゃくちゃ暑い一日でしたね(;^ω^)

ハンパなく暑いのに、
さらにジメジメ。。。

体壊さないように、
水分をしっかりとってくださいね!

今日は、
「顧客心理マーケティング物語」の
第12話をお届けします。

少しづつ売れてきた男のお店。

果たして今回はどんなことが起こるのでしょうか?

——————————————————

■第12話

男は朝から悩んでいました。

タオルの準備が間に合わなかったのです。

いつもなら100枚用意するところを30枚しか用意できなかったのです。

「途中で数が足りなくなりそうだけど……」

「そうだ、数が少ないのであれば、
それを正直に言って売ればいいや!」

さっそく、男は
『先着30名様のみ!』
と書いたノボリを立てました。

すると、いつものより売れ行きが
早くなったのです。

——————————————————

■問題:

なぜ、今回いつもより早く濡れタオルが売れていったのでしょうか?

■解説:

今回は簡単だったかもしれませんね^^;

少年たちは、
濡れタオルが先着30名しか手に入らないと知り、
急がないとそれを手に入れられなくなる可能性があると
感じたのです。

そのため、
多くの少年が早く手に入れようとして、
売れ行きが早くなったのです。

限定されたことで、
濡れタオルに希少価値が生まれたのです。

聞いたことがあるかもしれませんが、
『希少性の法則』
と呼ばれるものですね!

希少価値が高いものに、
人間は惹かれる傾向があります。

限定には今回の「数量」の他に、

「期間限定」・「地域限定」
「色限定」・「人数限定」

などがあります。

このような「限定」を利用すると、
販売の促進につながります。

以上、第12話でした!

わからないこと、聞きたいことなどありましたら
どしどしとコメントくださいm(_ _)m

今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございます!


あっくん

今までの無料プレゼントはこちらからどうぞ!!
⇒ http://wp.me/P6a2hN-2u

【無料レポート】マーケティングの教科書