マーケティング

【顧客心理マーケティング物語 ー第2話ー】

こんにちは!

今回も、顧客心理マーケティング物語と題しまして、
物語を交えながら、
問題形式でマーケティングについて
お話させていただければと思います。

では、
第2話の始まりです。

——————————————————————————–
■第2話

「よし。濡れタオルを売ろう!」

男はさっそく『濡れたタオル』を用意しました。

少年が2人、おしゃべりをしながら
こちらへ歩いてきました。

2人とも、
顔にススがついていて、ひどく汚れています。

男は、
「これはチャンスだ!」
と思い、少年たちを呼び止めました。

「濡れタオルはいりませんか?」

少年2人は顔を見合わせました。
そして、2人揃って、
「顔を拭くので、ください」と
濡れタオルを買っててくれました。

———————————————————————————

■問題:

販売手法は大きく分けて2つあります。

・「プッシュ型」
・「プル型」
といいますが、
この男が行った販売方法は、
一体どちらでしょうか?

■解説:
男は二人の少年の顔をみて、
「顔が汚れているから拭きたがるだろう!」
と思って、商品の広告を出していないにも関わらず、
直接声をかけて販売しました。

この売り方は、
「プッシュ型」になります。

「プッシュ型」は、
文字通り「押す」形なので、
コミュニケーションが最重要になります。

一方、「プル型」は、
お客様が商品を求めてきてもらえるように、
いろいろな工夫を凝らしておく売り方です。

お客様の心理反応を理解したうえで、
仕組みを作っていく必要があります。

自分が何かを買う場合でも、
店員さんに話しかけて欲しい人と
話しかけてもらいたくない人がいると思います。

なので、
お客様の心理反応を理解したうえで、
販売方法を変えたり、
コピーライティングで言えば、
「言葉の言いまわし」や、
「言葉選び」を変える必要があるということです。

最後までご覧いただき、
ありがとうございました!

これからも、物語調で顧客心理を紐解くお話を
していきたいと思います。

最後までお読みいただき、
ありがとうございます!

【無料レポート】マーケティングの教科書