マーケティング

ネーミング【クイズ! 顧客心理マーケティング物語 -第15話-】

いつも、本当にありがとうございます。

今日は、
「顧客心理マーケティング物語」の第15話です!

——————————————————

■第15話

朝起きると、男の店の隣に
まったく同じようなお店ができていました。

男の商売が順調であることを知ったとなり村の男が、
ひと儲けしようとやってきたのです。

しかも隣の店が扱う商品は、
男の店と同じく『濡れタオル」のようです。

「大変だ! 隣の店で売っているものと同じだと思われたら困るぞ。。。」

「どうすればいいのか…」

男はひらめきました。

「そうだ! この商品に名前をつけることにしよう!!」

「心を癒やすタオルだから『いやしタオル』だ!」

——————————————————

■問題:

商品に名前をつけることで、
どんな効果が生まれるでしょうか?

■解説:

名前をつけることで、その商品は、
「他の同じような商品とは違う」
という認識が生まれます。

名前がついていない『濡れタオル』と
『いやしタオル』という名前がついた『濡れタオル』は
別の商品なのです。

名前をつけることで、
愛着も強くなります。

■名前をつけることの重要ポイント

1:

一度使ってみて、
その商品が良いと思ったときに、名前がついていないと、
同じ商品を探す手がかりがなくなってしまう。

2:

その名前の商品であれば、
常に同じ品質のものが提供されると
期待することができる。

この2点は、ブランドの考え方にもつながる
重要ポイントです!

また、
商品に名前をつけることを
『ネーミング」といいます。

うまいネーミングができれば、
新しいイメージを作ったり、
従来のイメージを変えたりということもできます。

このようなことを、
「ポジショニング」と言ったりします。

「ポジショニング」に関しては、
もぅ少し後に詳しくお話していきます。

第15話は以上です。

今回のお話はいかがでしたか?

わからないこと、聞きたいこと、知りたいことなど
なんでも結構ですので、
気軽にこちらのメールに返信ください!

直接、ご返信いたします。

今回も、最後までお読みいただき、
本当に、ありがとうございます!

【無料レポート】マーケティングの教科書