マーケティング

同情で売る【心理顧客マーケティング物語ー第26話ー】

いつも、本当にありがとうございます。

今日は、心理顧客マーケティング物語の
第26話をお届けします。

——————————————————–

■第26話

少々強引な売り方をしたことが評判になり、
売上が落ちてきた隣の店が、
あるときノボリを出しました。

『用意しすぎました。このままではつぶれます。
お願いだから買ってください』

と書かれたノボリです。

それを見た少年たちの何人かは、
「かわいそうだよね。。。」と、
隣の店に入っていきました。

それに味をしめた隣の店は、
『倒産決意! 買ってください!!』
というノボリも立てたのです。

数日間は盛況でした。

でも、そのノボリはずっと立っていたのです、

——————————————————–

■問題:

このノボリを立て続けている隣のお店は、
今後どのようになっていくでしょうか?

 

■解説:

ノボリを見たことで、
少年たちの心には、隣の店に対する同情が生まれました。

用意しすぎましたという言葉に正直さを感じたということも
一つのポイントです。

正直に実状を告白し、
お願いするという態度に、
同情が生まれ、
少年たちは隣の店に入っていったのです

『泣き落とし』という言葉があるように、
同情を買うことで、ものを売ることもできるのです。

しかし、ほとんどの場合このやり方は、
繰り返せるものではありません。

調子に乗った隣の店は、
『倒産決意! 買ってください!』という
ノボリを立てています。

この場合は、倒産というキーワードから、
掘り出し物があるかもしれないという心理が生じるため、
ノボリの設置当初は集客が見込めます。

しかし、
一度店内に入った客は、
その実態に気づくと二度と入店しなくなります。

それ以降は、初めての客しか入りません。

自分だけにとって都合よくなるように
人の心理につけ込むビジネスは長続きしないのです。

 

以上、第26話でした!!

【無料レポート】マーケティングの教科書