ライティング

お客様のため…【クイズ!顧客心理マーケティング物語-第11話-】

いつもご覧いただき、
ありがとうございます。

あっくんでございます。

今日は、「顧客心理マーケティング物語」
第11話をお届けします!

では、
さっそくご覧くださいm(_ _)m

——————————————————

■第11話

「店の前にイスを置こう!」

「そうすれば、少年たちも顔を拭くとき楽だろう!」

そう考えた男は、
朝早くから炭焼き通り沿いで、
大工仕事そしていました。

天気がよく、雲ひとつない
快晴の日でした。

あっという間に気温が上がり、
男は汗を流しながら働いています。

その横を、
炭焼き山へむかう少年たちが通り過ぎていきます。

男は、
「冷たい濡れタオルを用意しておくからね!」
と声をかけながら見送りました。

そして、夕方。

炭焼き山から降りてきた少年たちに声をかけると、
朝に声をかけた少年ばかりが近づいてきました。

「本当に冷たいや!!」

——————————————————

■問題:

いったいどのような心理が働いて、
声をかけた少年たちばかりが近ついてきたのでしょうか?

■解説:

朝、少年たちは汗を流して働いている男に出会いました。

少年たちのためにイスを準備し、
汗を流して働いている男です。

男の姿を見た少年たちには、
自然と男に対する感謝の気持ちが生まれました。

「自分たちのために、わざわざ暑い中、汗を流してくれている」
という気持ちです。

自分がよく行く洋服のお店などで、
自分好みのものを覚えていてくれて、
取り置いてくれているような感じですね!

そういったお店には行って
「なにか買ってあげよう!」と思っちゃいますよね!!

多くの人はお互いに感謝の気持ちを表しながら、
コミュニケーションしていきます。

そこには、
『○○してもらったからお返しに□□してあげる」という
「感謝のサークル」が生まれています。

「返報性の法則」とも言われますが、
お互いの信頼がベースとなって、
言葉に頼らないコミュニケーションが生まれるのです。

今回は、
『商売は信頼が大事。
どこまでお客様のことを考えて尽くせるか。』
というお話でした。

今日も、
最後までご覧いただき、
本当にありがとうございます!

あなたとのご縁に感謝いたします。

 

あっくん

【追伸】
前回までのプレゼントはこちらから!
http://wp.me/P6a2hN-2u

==============
書き手:あっくん(尾形篤)
職業:セールスコピーライター
旧日本最高峰のノウハウコレクター
日本最高峰海外教材保持者
サイト:http://the-ultimate-sales-writer.com/
ブログ:http://ameblo.jp/akkun1002/
サブブログ:http://brilliant-akkun.com/
facebook:http://www.facebook.com/bighero.akkun

==============

引用元:お客様のため…【クイズ!顧客心理マーケティング物語-第11話・・・