ライティング

考えてますか? パソコンの向こう側を【初級コピーライティング基本講座Vol.3】

いつも、本当にありがとうございます。

あっくんです。

今日は、「初級コピーライティング基本講座」
の第3回目をお送りします。

前回は、
「大切な人」と「嫌いな人」へ
「感謝の手紙」と「暴言を吐く手紙」と
2通ずつ書いていただきました。

しっかりと、手紙を書きましたか?

このワークで体感して欲しかったこと。

それは、
実際に手を動かし、手紙を書くことで、
「感情を持って書く」ということと、
「熱意を持って書く」ということを
感じていただきたかったのです。

コピーライティングノウハウを知らなくても、
「感情」と「熱意」を持って欠けば、
反応が高い文章が書けるます。

絶対にこのワークを行ってくださいね!

では、第3回を始めます。

——————————————————

【コピーライティング ーマインド編-】

今日は、2点お話します。

■1つ目

ネット上で文章を書いていると、
どうしても忘れがちなことがあります。

それは、
「パソコンの向こう側には大切な人がいる」
ということです。

パソコンに向かってタイピングしていると、
読み手のことを考えないで文章を書いてしまいがちです。

適当なことを書いてしまったり、
読み手に伝わりづらい文章になってしまっていたり。

また、
ただの日記ならまだしもですが、
読み手が知りたいこと、興味が無いことなど、、
自分の好き勝手に書いてしまっていたり。

人気があるブログやサイト、メルマガは、
すべてが読み手にとって知りたいことや、
興味があるものになっています。

文章から人柄が伝わってくるものも
多いです。

「パソコンの向こうには人がいる」

意識して、文章を書いて下さい!

■2つ目

「書くことを習慣づける。」

人間がなにかを習慣にするには、
このような順番があります。

「知る」 ⇒ 「わかる」
⇒ 「慣れる」 ⇒ 「できる」
⇒ 「習慣」 ⇒ 「更にできるようになる!」

コピーライティングスキルを上達させるには、
書いて、書いて、書いていくしかありません!

書く!

書く!!

書く!!!

人間は、作業を始めてから火がつくまでに
時間がかかります。

また、「書くのが怖い」という気持ちも
あると思います。

まずは、日記でも大丈夫なので、
書くということにフォーカスして、
書くことに鳴れていってください。

「慣れてきたな」って思ったら、
パソコンの向こうにいる人を意識して、
書いていってください。

■まとめ

1:「パソコンの向こう側には人がいる」
だから、読み手のことを考えて書くこと

2:「書くことを習慣にする」
人間はやり続けないとクセづかない。

だから、
書く! 書く!! 書く!!!

まずは、書くことから始めましょう!

1つ目と2つ目の順序が逆になってしまいましたが、
まずは、「書くことに鳴れてクセづけましょう」ということ。

次に、「読み手のことを考えながら、書いていきましょう」
ということでしたm(_ _)m

以上、
初級コピーライティング基本講座の第3話でした!

今回も、最後までお読みいただき、
本当に、ありがとうございます!

あなたのことが大好きです!

引用元:考えてますか? パソコンの向こう側を【初級コピーライティング・・・