ライティング

商品やサービスをたくさん売る人はこんな人。【初級コピーライティング基本講座Vol.4】

いつも、本当にありがとうございます!

セールスコピーライター
あっくんです。

今日は、初級コピーライティング講座の
第4回目です。

あなたは、
自分は販売する商品・サービス
をたくさん売ることができていますか?

商品をたくさん売れる人がいる一方、
商品を売れない人もいます。

その違いはどこからやってくるのでしょうか?

■1
『売れる人は、
ターゲットをしっかりとリサーチしたうえで、
相手を考えた訴求ポイントを刺激して、
どう相手の悩みを解決するかを伝えている』

まずは、自分の商品のターゲットを
しっかりとリサーチすることです。

リサーチすることで、
相手の悩みや望んでいることを理解することが
できます。

相手の気持ちになることで、
相手が反応してしまう言葉を伝えることが
できるようになります。

■2
『売れる人は商品に惚れ込んでいる!』

売れる人は自分が売るものに
心から惚れ込んでいます。

そして、
心から惚れ込んでいるからこそ、
お客様に自身を持って売り込むことができ、
その気持ちが相手に伝わり、
結果、売れています。

売れない人は、
自分が売る商品のことを、
役に立たないか値段が高いと思っています。

このように思っていると、
自身を持って売り込めないので、
これもまたお客様に伝わり、
お客様は売り手を信頼できず、
結果、「売れない」となります。

■3
『軸を持つ』

2つ目とつながってきますが、
お客様を正すくらいの感覚がないと、
商品を売ることはできません。

自分が惚れ込んでいる商品だからこそ、
自身を持ってお客様を正すくらいの感覚で売り込め、
結果、売ることができます。

批判を恐れたら、売ることはできません。

価値観は人それぞれです。

自分の惚れ込んだ商品です。
自身を持って、商品を売り込みましょう!

■4
『自身が持てない商品は販売しない!』

2つ目と3つ目のまとめとなりますが、
惚れ込んでいない商品・自身が持てない商品は
心を込めて売り込みをすることができません。
その気持ちは、お客様に伝わってしまいます。

商品を売りたければ、
自分の商品をじっくりリサーチして、
好きになれるところを必ず見つけてください!

好きになれないようであれば、
その商品は売るのをやめましょう。

今回のお話は、
ネットビジネスでも対面販売でも
同じです!

こころは相手に伝わってしまいます。

自分の商品・サービス
また、アフィリエイトする商品は、
自分が惚れ込んでいる商品を売るようにしましょう!

本当に、『こころ」が大事なんです。

いかがでしたでしょうか?

以上、
初級コピーライティング講座の第4回目でした。

わからないこと、知りたいことなどあれば、
こちらコメントをお送りください。
m(_ _)m

今回も、最後までご覧いただき、
本当にありがとうございます!

あなたに感謝しております。

 
あっくん