ライティング

やり過ぎ注意!【クイズ!顧客心理マーケティング物語ー第18話ー】

いつも本当にありがとうございます!

セールスライター
あっくんです。

クイズ形式の物語、
「顧客心理マーケティング物語」
第18話まできました。

今日も、張り切ってまいりましょう!

——————————————————

■第18話

男の店と隣の店は競いあうように炭焼き通り沿いに
看板を増やしていきました。

最初は通り沿いにの目立つところにしかなかったのですが、
いまでは、炭焼き通りのどこを歩いても、
量店の看板が目に入るほどになっています。

ある日のこと、少年がポツリと漏らしました。

「看板が多すぎて、なんかいやだよ」

——————————————————

■問題

なぜ少年に嫌な気持ちが芽生えてきたのでしょうか?

■解説

広告をだすとき、露出量で圧倒するというやり方があります。

この場合でも、露出量の増加に応じて、
単純に売れ行きが上がるということがありません。

広告の反復が繰り返されると、
人はだんだんと退屈で苛立たしくなってきます。

あなたも同じ広告をたくさん目にして、
目障りになったことはありませんか?

やり過ぎは効率が悪くなるどころか、
拒否反応さえも生みかねないのです。

■広告において注意すべき点

◯ハードセル広告
⇒ 強い調子で売り込むタイプの広告は、
拒否反応を受ける確率が高くなります。

◯比較広告
⇒ アメリカなどでは一般的な自社の商品と他社の商品を
比較する広告ですが、日本では反感を生みやすいと言われて
います。

◯重畳効果
⇒ 同じような広告がたくさん溢れてくると、
それらの広告は記憶に残らなくなっていきます

◯スリーパー効果
⇒ 一度納得したことであっても、時間の経過とともに、
納得していたことを忘れていく傾向が出てきます。

以上、
第18話でした!

今回のお話はいかがでしたでしょうか?

わからないこと、しりたいことなどあれば、
こちらコメントをくださいm(_ _)m

また、「こんなプレゼントが欲しい!」というご要望も
受付中です!!

最後までご覧いただき、
本当にありがとうございます!

【追伸】
無料プレゼントはもうダウンロードされましたか?
※最近新しく2つお配りさせていただきました!
ダウンロードはこちらから
http://the-ultimate-sales-writer.com/emg7

引用元:やり過ぎ注意!【クイズ!顧客心理マーケティング物語ー第18話・・・