ライティング

熱意を込めてコピーを書く方法【初級コピーライティング基本講座Vol.5】

いつも本当にありがとうございます!

セールスコピーライター
あっくんです。

 

まずはお知らせから。

 

このメールの最後に、
無料プレゼントをご用意しました。

 

今回のプレゼントは、
『ランディングページテンプレート集』
です!

 

無料でお使いいただけるので、
ぜひご活用ください!

 

では、今回のコピーライティング講座です!

 

今回は、「初級コピーライティング講座VOl.6」
『熱意を込めてコピーを書く方法』をお送りします!

 

コピーを書こうと思っても、
なかなか書き始めることができないことがあります。

 

理由として、

 

●どうやって書こう

●何を書こう


●気分が乗らない

 

など、それぞれあると思います。

 

では、どうやってその壁を超えるか。
5つの解決方法をご紹介します。

 


1:興奮しているときに書く

2:朝方の集中しているとこに書く
3:運動したあとに書く、または書く前に運動する

4:とりあえず、書けるところから書く

5:はじめからしっかり書こうと思わない

 

 

1つめの「興奮しているときに書く」は、
人間は興奮していると、アドレナリンがたっぷりでます。

 

興奮してアドレナリンがたっぷりでていると、
勢いで書き始めることができるのでオススメです!

 

※しっかりとあとから読み返して編集を行いましょう!

 

2つめの「朝方の集中しているときに書く」は、
朝は静かでこころが落ち着いていると思います。

 

その落ち着いている時間を利用して、
リラックスして書き始めることができるためオススメです。

 

3つ目
「運動したあとに書く。書く前に運動する」

 

こちらは少しストイックですが、
運動した後に書くと1つ目と同じようにアドレナリンがたっぷりでます。

 

書き始める前に散歩に行くだけでも非常に効果があるので、
ぜひ試してみてください!

 

今回の記事は、
散歩してきた後に書いています^^;

 

4つ目
「とりあえず書けるところから書き始める」は、
以前お話したかもしれませんが、
書き始めてからエンジンがかかるまで15分くらいかかります。

 

とりあえず書き始めることで、徐々にエンジンを温める状態になり、
気づいたら気分が乗って書けていた!となります。

 

5つめ「はじめからしっかり書こうと思わない」ですが、
これは、「しっかり書こう!」と思ってしまっているがために、
ペンが進まない状況を解決してくれます。

 

あなたは、「しっかり書こう!」と思ってしまっていませんか?
編集は後でだってできるのです。

 

4つめとつながってきますが、とりあえず書き始めてしまえば、
どんどんペンが進んでいくので、最後まで書き終えることができます。

 

書き終えて1日置いた後に見返して、
編集をすればいいのです。

 

 

今回の記事は、

「書くことに慣れよう」
ということにもつながってきますが、
「自分の書く作業への入り方」を作ることによって、
作業が効率よくできるようになりますので、
ぜひお試しくださいm(_ _)m

 

では、

「ランディングページテンプレート集」のプレゼントです!
⇒ こちら


お使い頂けると幸いですm(_ _)m
わからないこと、知りたいことなどあれば、
こちらの記事に直接コメントをお送りください。
m(_ _)m

 

今回も、最後までご覧いただき、

本当にありがとうございました!

引用元:熱意を込めてコピーを書く方法【初級コピーライティング基本講座・・・