ライティング

パーソナライゼーション【顧客心理マーケティング物語ー第30話ー】

いつも、本当にありがとうございます。

セールスコピーライター
あっくんでございます。

今日は、顧客心理マーケティング物語、
第30話です。

さっそく、どうぞ!

——————————————————–

■第30話

男の店では、
使用後の濡れタオルを回収、
きれいに選択し、消毒もしたうえで再利用しています。

しかし、
「誰かが使ったタオルだよね……」と
いやがるお客様も少なくありません。

そこで男は、
『マイ濡れタオル』を新たな賞品として
用意することにしました。

自分の名前が刺しゅうされた濡れタオルです。

マイ濡れタオル会員は会員証を見せれば、
「○○さまですね。こちらをどうぞ」と、
自分専用の濡れタオルを渡されるのです。

評判は上々でした。

値段が高いにも関わらず、
会員になった人の利用率は高かったのです。

 

■値段が高かったにも関わらず、利用率が高かった理由とは?

お客様にとって、
『濡れタオル』と『マイ濡れタオル』の違いは
どこにあるのでしょうか。

単に自分専用だからよいということだけではありません。

自分の名前が入っていることに加え、
自分の名前で呼ばれることから、
お客様は、お店が自分のことを認めてくれている、
自分は特別扱いされていると感じるのです。

特別扱いされていると感じることで、
店に対するロイヤリティ(忠誠)があがり、
利用頻度も高くなるのです。

人は、自分が特別扱いされていると感じるとうれしいものなのです。

人は、自分の名前に高い関心をもつため、
ちゃんと自分の名前を読んでくれる相手に対して、
好意を持ちます。

名前を呼ぶことで、人間関係がスムーズになるのです。

中には、名前を呼ばれたくないお客様や、
名前を呼ばれたくないシーンもあります。

このような場合は、
名前は呼ばず、お客様のことを覚えているということを
伝えられればOKです。

 

以上、第30話でした。

 

今回も、最後までご覧いただき、
本当にありがとうございます。
あなたとのご縁に、
本当に感謝しています。

引用元:パーソナライゼーション【顧客心理マーケティング物語ー第30話・・・