ライティング

キラーコピーの秘密ー続その19ー

■キラーコピーの秘密-続その19-

※「The Swipe File Vol.1」はこちらから!
⇒ [link]http://the-ultimate-sales-writer.com/sjbn

解説レターはこちらです。
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/2.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/2a.png

『あなたは英語でこんなミスしていませんか?』

マクスウェル・サックハイムが作った
最も有名な広告の一つです。

『シャーマン・ユーディの驚くべき発明により、
100万人を越える人が英語の文法ミスを校正しました。
1日たった15分で、あなたの話し方・書き方が変わります。』

昔は、「1日15分」という言葉が流行ったようです。

この
「あなたは英語でこんなミスをしていませんか?」
というヘッドラインは、読者の心を引きこむこと間違いなしです。

このヘッドラインをそっくりそのまま自分の広告で使ったり、
一部を変更しての使い回しは可能です。

例として、
ダイエットマニアには、
「あなたは、ダイエットやウェイト・トレーニングでこんなミスしていませんか?」
といった具合です。

マクスウェル・サックハイムの広告に存在する大切な部分の一つは、
「こんなミス」という部分です。

これはヘッドラインの大変賢い使い方です。

あなたは、「こんな」一体何を指すのか気になるので、
その「こんな」という一言によって、コピーの世界に引き込まれます。

彼は、コピーの冒頭の部分でミスを列挙しています。
彼は、あなたをコピーに引き込もうとしているのです。

この広告は、40年以上も継続して使用されました。

サブヘッドラインも見てみましょう。

『コーディーがゲイリーで教えたこと』

『100%自分で訂正できるコンテンツ』

『1日にたった15分』

『無料 正しい英語についてのパンフレット』

サブヘッドラインを読んだだけでも、
本文は未読なのに、あなたはその発送とオファーに夢中になるでしょう。

多くの読者は走り読みします。

まず熟読はしません。

読み飛ばされそうな時、
サブヘッドが効力を発揮します。

広告に掲載される写真は、
製品の実演説明、または詳しく説明するためなどの理由がない限り、
大抵は無益なようです。

引用元:キラーコピーの秘密ー続その19ー