成功の秘訣

『奪う人』とは一緒にいるな!

いつも読んでいただき、

本当に感謝です。

タイトルにある『奪う人』と聞いて、

あなたは何を、どういう人を想像しますか?

いっつもお金貸してとせがんでくるなぁとか、

いっつもタバコ一本ちょうだいって言ってくるなぁとか、

いっつも飲み代支払わんなぁ。

とかですかね^^;

今日のお話は、

そういった方々も含まれるんですが、

ざっくりいうと、

『奪う人』と『与える人』についてです。

ちょっぴりスピリチュアルも入る内容なので、

信じられない人は信じなくていい話ですが、

めちゃくちゃ重要な話です。

まずは『奪う人』の代表例から紹介します。

・愚痴、不平不満ばかり言っている。

・クレクレばかり言ってくる、通称「クレクレ君」。

・人の噂話ばかり言う人

・影で人の悪口ばかり言う人

・自慢ばかりする人

などなど。

こういった方々が、

いわゆる『奪う人』です。

逆に、『与える人』というのは、

・人に感謝されることをしている人

・人に対して心から優しい人

・相手のことを考えて行動する人

・まさに相手から何ももらわなくても何かしら与えている人

などなど。

もちろん、両面持っている方もいらっしゃいます。

ですが、仲のいい人の中に、

『奪う人』がいると持っていかれちゃうんです。

何を?って?

「エネルギー」なんです。

「エネルギー=氣」

ですね。

やる気

元気

無邪気

本気

気持ち

と、「気」が入っている感じを挙げてみましたが、

人間からは元々「氣=エネルギー」が常に発せられています。

『奪う人』と一緒にいると、

「氣」を奪われて、さらに「相手の悪い氣」に汚染されてしまうんです。

そうすると、

あなたの運気が落ち、やる気が落ち、

生気が落ちていきます。

お金持ちの周りにはお金持ちが集まり、

貧乏人の周りには貧乏人が集まるといいます。

自分と仲の良い、周りにいる人の3人の平均所得が自分の所得ともいいます。

これは、一般的に、

自分の近くには自分と同じような人が集まるといいますが、

これはまさに本当のことなんです。

よく、「成功したかったら、成功者のもとに行け」と言われます。

この言葉を紐解くと、

お金持ちの人との縁ができると、

お金持ち同士の場に呼ばれたりし、

そのエネルギーを浴びるからに他なりません。

なので、必然的にお金持ちになっていくんです。

これは、『与える人』と一緒にいると得られる影響です。

『奪う人』と一緒にいると、

成功者と一緒にいる時と真逆のことが起きます。

トラブルに巻き込まれる。

ギャンブルに走るようになる。

色々と誘われて時間を奪われる。

精気を奪われる。

気力を奪われる。

やる気を奪われる。

お金を奪われる。

物を奪われる。

これらは、その『奪う人』から奪われるとは限りません。

『奪う人』に、「氣」を奪われた結果、

起きる現象です。

人間誰しも、バイオリズムがあるので、

いつも「氣」が高いわけではありません。

『氣』は、上下を繰り返していきます。

その上下運動をコントロールするために、

今注目を浴びている

「マインドフルネス」があるんです。

「マインドフルネス」とは、

簡単に言うと「瞑想」のことです。

瞑想をすることによって、

心を整え、

心をきたえるんです。

だからこそ、

アップル創業者の故スティーブ・ジョブズは、

瞑想を行なっていたのではないでしょうか。

話が逸れてしまいましたが、

『奪う人』と一緒にいると、

あなたの人生が狂わされます。

そのまま一緒に居続けると、

あなたも『奪う人』になっていきます。

なぜなら、

「自分の周りには、自分と同じような人が集まる」からです。

あなたが「与える人」でいつづけることができれば、

あなたの周りは、「与える人」ばかりになり、

緊急事態が起きても、

助けてくれる人が出てくるでしょう。

「与える人」にならない限り、

「成幸」できません。

それが宇宙の法則だからです。

『奪う人』とは離れてください。

もし、染まってしまっているなら、

瞑想をしてみてください。

変化を実感できます。

僕は、職業柄、

『奪う人』も出てきますが、

今は自然と離れていっています。

「与えるられること」ってなんでもありますよね?

そんな難しいことじゃないです。

ありがとうって言う

おめでとうって言ってあげる。

お祝いしてあげる。

笑顔でいる。

オシャレでいる。

何かしら助けてあげる。

言葉も行動も心も与えてあげられますよね(╹◡╹)

そうすると、

普通に人生が楽しくないですか?

成功や成幸を抜きにしても。

「成幸」は、

人生を楽しんで.他人を思って生きている人に訪れるものだと思います。

というわけで、

『奪う人』から離れて、

『与える人』になりましょう!

という話でした(๑╹ω╹๑ )

自分への備忘録です^^;

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございます!

感謝です。