マーケティング

お待たせしました!『YouTubeを使った見込み客リスト獲得方法』

〈ひとりビジネスのためのYouTube活用無料オンラインサロンはこちら〉

→ https://www.facebook.com/groups/783487825361838/

 

あなたが知りたかったのは、

ズバリこれではなかったでしょうか。

 

YouTubeでどうやって集客、売上アップにつながる、

見込み客のメールアドレスやLine@などの

個人情報を得るのか?

 

いつも読んでいただき、

本当にありがとうございます。

 

01∞webマーケティングコンサルデューサーの

緒形です。

 

 

あなたの悩みをYouTubeで解決する手段を

今日は教えていただきます。

 

ーーーーーーーーーーーー

YouTubeプロデューサーの

藤木です。

 

いつも読んでいただき、

ありがとうございます。

 

・私、藤木のプロフィールはこちらです。

https://www.facebook.com/mika.fujiki.100

・私のFacebookグループ

『ひとりビジネスのためのYouTube活用無料オンラインサロン』はこちらです。

→ https://www.facebook.com/groups/783487825361838/

※ぜひ。参加してください!

 

 

今日は、

『YouTubeを使った見込み客リスト獲得方法』

について、お話しさせていただきます。

 

どのメディア(媒体)でも同じですが、

集客、問い合わせアップ、売上アップに必要な

メールアドレスや[email protected]

電話番号や住所といった個人情報を得るためには、

仕掛けを作る必要があります。

 

 

前提として、

視聴者の方に役立つ内容の動画を

上げていかなければなりませんが、

そこで「役立つ人→チャンネル登録しておこう」という流れになり、

 

・この人から教えてもらいたい

・この人のセラビーを受けてみたい

・今人は信頼できるから、この人に任せよう

・この人の講座に出てみたい

 

となります。

 

 

YouTubeには、説明文という欄があり、

そこに、リンクを貼れるので

メルマガフォームへの誘導や[email protected]への誘導が簡単にできます。

 

視聴者の方に、「専門家」として認知してもらい、

きになる存在になることで、

説明文まで読んでもらうことができ、

メルマガフォームへの登録。

[email protected]への登録をしていただけます。

 

 

説明欄で、ホームページやサイトへの誘導をする方も

いらっしゃいますが、

個人情報の獲得の概念を持っていないと、

効果は半減してしまいます。

 

メルマガ、Line@、電話番号、住所、名前といったものは、

こちらから行動を起こせる、「プッシュ型」のセールスができます。

 

ホームページやサイトへの誘導をしても、

結局、そこから個人情報を取得して、プッシュ型のセールスにつなげるので、

誘導するための仕掛けが1ステップ多くなります。

 

『プッシュ型』というのは、

こちらから働きかけること。

 

例えば、

・メルマガ

・Line@の投稿

・テレアポ

・ダイレクトメール

などのことを言います。

 

 

なので、

YouTube動画ページの説明欄では、

個人情報の取得を第一に考えてください。

 

そして、動画内にも、説明文をみてもらうように

案内をしたり、言葉で伝えるということを行うように

してください。

 

 

この話は、後日また触れます。

 

 

明日は、『あなたが集客で苦しむ理由』

についてお話しします。

 

ありがとうございました。

藤木でした。

ーーーーーーーーーーーー

 

藤木さん。

いつもわかりやすい内容を

ありがとうございます。

 

個人情報を得るにはどうするか?

 

・動画の内容を役立つものにする。

・設営欄にメルマガ登録や[email protected]の登録URLをつける

・動画内でも説明欄にメルマガ、[email protected]登録URLがあることを

伝える。

 

ということでした。

 

YouTubeを始めているのであれば、

早速取り入れてみましょう!

 

 

今日も最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございます。

 

あなたとのご縁に感謝です。

【 お待たせしました!『YouTubeを使った見込み客リスト獲得方法』 】

 

あなたが知りたかったのは、

ズバリこれではなかったでしょうか。

 

YouTubeでどうやって集客、売上アップにつながる、

見込み客のメールアドレスやLine@などの

個人情報を得るのか?

 

いつも読んでいただき、

本当にありがとうございます。

 

01∞webマーケティングコンサルデューサーの

緒形です。

 

 

あなたの悩みをYouTubeで解決する手段を

今日は教えていただきます。

 

ーーーーーーーーーーーー

YouTubeプロデューサーの

藤木です。

 

いつも読んでいただき、

ありがとうございます。

 

今日は、

『YouTubeを使った見込み客リスト獲得方法』

について、お話しさせていただきます。

 

どのメディア(媒体)でも同じですが、

集客、問い合わせアップ、売上アップに必要な

メールアドレスや[email protected]

電話番号や住所といった個人情報を得るためには、

仕掛けを作る必要があります。

 

 

前提として、

視聴者の方に役立つ内容の動画を

上げていかなければなりませんが、

そこで「役立つ人→チャンネル登録しておこう」という流れになり、

 

・この人から教えてもらいたい

・この人のセラビーを受けてみたい

・今人は信頼できるから、この人に任せよう

・この人の講座に出てみたい

 

となります。

 

 

YouTubeには、説明文という欄があり、

そこに、リンクを貼れるので

メルマガフォームへの誘導や[email protected]への誘導が簡単にできます。

 

視聴者の方に、「専門家」として認知してもらい、

きになる存在になることで、

説明文まで読んでもらうことができ、

メルマガフォームへの登録。

[email protected]への登録をしていただけます。

 

 

説明欄で、ホームページやサイトへの誘導をする方も

いらっしゃいますが、

個人情報の獲得の概念を持っていないと、

効果は半減してしまいます。

 

メルマガ、Line@、電話番号、住所、名前といったものは、

こちらから行動を起こせる、「プッシュ型」のセールスができます。

 

ホームページやサイトへの誘導をしても、

結局、そこから個人情報を取得して、プッシュ型のセールスにつなげるので、

誘導するための仕掛けが1ステップ多くなります。

 

『プッシュ型』というのは、

こちらから働きかけること。

 

例えば、

・メルマガ

・Line@の投稿

・テレアポ

・ダイレクトメール

などのことを言います。

 

 

なので、

YouTube動画ページの説明欄では、

個人情報の取得を第一に考えてください。

 

そして、動画内にも、説明文をみてもらうように

案内をしたり、言葉で伝えるということを行うように

してください。

 

 

この話は、後日また触れます。

 

 

明日は、『あなたが集客で苦しむ理由』

についてお話しします。

 

ありがとうございました。

藤木でした。

ーーーーーーーーーーーー

 

藤木さん。

いつもわかりやすい内容を

ありがとうございます。

 

個人情報を得るにはどうするか?

 

・動画の内容を役立つものにする。

・設営欄にメルマガ登録や[email protected]の登録URLをつける

・動画内でも説明欄にメルマガ、[email protected]登録URLがあることを

伝える。

 

ということでした。

 

YouTubeを始めているのであれば、

早速取り入れてみましょう!

 

 

今日も最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございます。

 

あなたとのご縁に感謝です。

【 お待たせしました!『YouTubeを使った見込み客リスト獲得方法』 】

 

あなたが知りたかったのは、

ズバリこれではなかったでしょうか。

 

YouTubeでどうやって集客、売上アップにつながる、

見込み客のメールアドレスやLine@などの

個人情報を得るのか?

 

いつも読んでいただき、

本当にありがとうございます。

 

01∞webマーケティングコンサルデューサーの

緒形です。

 

 

あなたの悩みをYouTubeで解決する手段を

今日は教えていただきます。

 

ーーーーーーーーーーーー

YouTubeプロデューサーの

藤木です。

 

いつも読んでいただき、

ありがとうございます。

 

今日は、

『YouTubeを使った見込み客リスト獲得方法』

について、お話しさせていただきます。

 

どのメディア(媒体)でも同じですが、

集客、問い合わせアップ、売上アップに必要な

メールアドレスや[email protected]

電話番号や住所といった個人情報を得るためには、

仕掛けを作る必要があります。

 

 

前提として、

視聴者の方に役立つ内容の動画を

上げていかなければなりませんが、

そこで「役立つ人→チャンネル登録しておこう」という流れになり、

 

・この人から教えてもらいたい

・この人のセラビーを受けてみたい

・今人は信頼できるから、この人に任せよう

・この人の講座に出てみたい

 

となります。

 

 

YouTubeには、説明文という欄があり、

そこに、リンクを貼れるので

メルマガフォームへの誘導や[email protected]への誘導が簡単にできます。

 

視聴者の方に、「専門家」として認知してもらい、

きになる存在になることで、

説明文まで読んでもらうことができ、

メルマガフォームへの登録。

[email protected]への登録をしていただけます。

 

 

説明欄で、ホームページやサイトへの誘導をする方も

いらっしゃいますが、

個人情報の獲得の概念を持っていないと、

効果は半減してしまいます。

 

メルマガ、Line@、電話番号、住所、名前といったものは、

こちらから行動を起こせる、「プッシュ型」のセールスができます。

 

ホームページやサイトへの誘導をしても、

結局、そこから個人情報を取得して、プッシュ型のセールスにつなげるので、

誘導するための仕掛けが1ステップ多くなります。

 

『プッシュ型』というのは、

こちらから働きかけること。

 

例えば、

・メルマガ

・Line@の投稿

・テレアポ

・ダイレクトメール

などのことを言います。

 

 

なので、

YouTube動画ページの説明欄では、

個人情報の取得を第一に考えてください。

 

そして、動画内にも、説明文をみてもらうように

案内をしたり、言葉で伝えるということを行うように

してください。

 

 

この話は、後日また触れます。

 

 

明日は、『あなたが集客で苦しむ理由』

についてお話しします。

 

ありがとうございました。

藤木でした。

ーーーーーーーーーーーー

 

藤木さん。

いつもわかりやすい内容を

ありがとうございます。

 

個人情報を得るにはどうするか?

 

・動画の内容を役立つものにする。

・設営欄にメルマガ登録や[email protected]の登録URLをつける

・動画内でも説明欄にメルマガ、[email protected]登録URLがあることを

伝える。

 

ということでした。

 

YouTubeを始めているのであれば、

早速取り入れてみましょう!

 

 

今日も最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございます。

 

あなたとのご縁に感謝です。